×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

産後抜け毛 出産抜け毛

産後に抜け毛が多くなる理由。

産後抜け毛 出産抜け毛

産後の抜け毛に悩む女性は多いです。産後は抜け毛が多いとはよく聞くものの、実際の抜け毛の量を見てこのままハゲてしまうのではと心配になったり、元々の髪の量が少ないのにと不安で涙がとまらないという方もおられます。

産後は抜け毛が多くなりますが、 産後の抜け毛の理由として妊娠時に子供に栄養をとられること、産後での女性ホルモンの分泌量の変化が頭皮に直接影響を与えることがあげられます。

この女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。妊娠中には2種類の女性ホルモンの優位がかわり、産後に元に戻るのですがその際にバランスがくずれて一気に抜け毛が促進されるといわれています。

また、妊娠時に抜けるはずだったヘアサイクルの髪が、女性ホルモンの働きにより産後になってから一気に抜けてしまうので抜け毛の量が増えるともいわれています。

そのために産後2ヶ月くらいから6ヶ月くらいにかけて一気に抜け毛が増えるのですが、抜け毛は時間が経過すれば自然におさまりますので、極度にストレスをためこまないように注意しないといけません。抜け毛がおさまる時期は個人差はありますが6ヶ月くらいから1年くらいです。特に高齢出産などで体力の回復が遅い方は時間がかかることもあるようです。

産後の抜け毛は二人に一人が悩んでいるといわれるとおり、誰でも経験するのだと考えて、極端に不安にならないでください。

産後の抜け毛とストレス。

産後抜け毛 出産抜け毛

産後の抜け毛は、分娩後脱毛症といわれます。産後の抜け毛の主な原因は女性ホルモンの分泌量の変化が頭皮に直接影響を与えることですが、 回復まで6ヶ月から1年かかると理解して、その間できるだけストレスをためこまないようにしたいものです。

この時期は育児と重なるのでなおさらです。特に初めての出産ですと育児への不安も大きなストレスにつながります。ストレスは抜け毛を促進するといわれます。ストレスは交感神経を刺激するので毛細血管が収縮し、血液の流れる量をへらした結果、毛母細胞へ十分な栄養が運ばれにくくなります。

また、ストレスは不眠症もひきおこします。髪の成長は成長ホルモンが大量に分泌される睡眠時といわれているので、睡眠不足は髪に良いことはありません。夜中の授乳でリズムはくるいやすいのですが、できるだけ睡眠不足にならないように心がけたいものです。ちなみに髪の成長に良い時間は22時から2時といわれています。

またストレスによって胃が痛くなり、消化器系の機能低下から髪を育てるたんぱく質やミネラルの吸収が悪くなり、産後の抜け毛を促進させることになりかねません。産後の抜け毛で必要以上にストレスをためてしまうとさらに悪循環というわけです。

生活の中でも適度に体を動かしたりして、ストレスをためこまない工夫をしてみましょう。経験のある友人に話をするのもストレス解消になりますし、不安ならば、産婦人科や皮膚科で医師に相談してみましょう。


産後の抜け毛の対策にはアミノ酸シャンプーがおすすめ!

産後抜け毛 出産抜け毛

産後の抜け毛の対策として、シャンプーや頭皮ケアにも気を配りましょう。ブラッシングするたびに抜けるからといって億劫になるのもわかりますが、お手入れはストレス解消にもつながります。

特にいつも使うシャンプーが、自分の髪や頭皮にあっているかは考えてみる必要があります。ところでシャンプーには原材料によって石鹸シャンプー、高級アルコール系、アミノ酸シャンプーといった種類があります。

石鹸シャンプーは洗浄力がとても強く、しっかりすすがないと髪に成分が残るほどです。実は私も以前よく使っていましたがアルカリ性なのでそのままですと髪がゴワゴワになるほどです。他のシャンプーでもそうですが成分が髪や頭皮に残ってしまうと頭皮の炎症の原因にもなるので要注意。

高級アルコール系シャンプーは一般的によく使われるシャンプーでこれも洗浄力が強いシャンプーです。洗浄力が強いのでしっかりと汚れを落としますが、必要な皮脂まで取ってしまう場合もあります。皮脂のとりすぎはかえって髪の成長に逆効果なのです。

そこでおすすめなのがアミノ酸シャンプーです。ここにあげたシャンプーの中では洗浄力がいちばん弱いのですが、髪と頭皮にいちばんやさしいシャンプーです。特に石鹸シャンプーからアミノ酸シャンプーにかえると髪がしっとりしすぎてものたりない感じもしますが、必要な皮脂までとりすぎないことが健やかな頭皮と髪の発育には大事です。産後の抜け毛の対策として、毎日使っているシャンプーもいちど見直してみてください。

産後抜け毛予防シャンプー比較